2019年12月24日

2019年のウロコダンゴクリスマスツリー【写真追加】

 例年、深川輝人工房では高橋商事様のご協力をいただき、深川名​物の「ウロコダンゴ」を使った「クリスマスツリー」を作っています。今年も市内の小中学生2組4人が中心となって12月22日(日曜日)に制作作業を行いました。

 このツリー作りでは、三角の形に切る前のシート状のウロコダンゴを使って、ウロコダンゴ専用の銅製の包丁やお菓子用の型などを使って飾りを作っています。製品でお馴染みの白・小豆・抹茶と紅白ウロコダンゴ用の紅の4つの味、全てを使っています。

 出来上がったツリーは23日(月曜日)から、「高橋商事」店頭と「道の駅ライスランドふかがわ」に展示されていますので、立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。ウロコダンゴの保存状態にもよりますが、25日(水曜日)頃まで展示の予定です。なお、非売品ですのであしからず。

道の駅ライスランドふかがわに展示されたツリーの写真
▲道の駅ライスランドふかがわに展示されたツリー

高橋商事店頭に展示されたツリーの写真
▲高橋商事店頭に展示されたツリー

【追記】
 ・ウロコダンゴクリスマスツリーが、道の駅ライスランドふかがわのフェイスブックページで紹介されました。

 ・12月24日(火曜日)付、北海道新聞中・北空知版に記事が掲載されました。お手元にある方はご覧ください。

 ・12月28日(土曜日)付、北空知新聞に記事が掲載されました。お手元にある方はご覧ください。
posted by ともぴー at 22:00| Comment(0) | ウロコダンゴで飾りづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。